市川海老蔵さんのブログより「心が折れたら新しい魂を見つける」&歌舞伎小説『きのね』『出雲の阿国』


 市川海老蔵さんのブログを読んでいたら、「声が出なくなると出るように努力する 身体が動かなくなるとそれでも動くように鍛錬する 心が折れたら新しい魂をみつける 日々そんな作業のくりかえしです」と書いてあった。

「心が折れたら 新しい魂を見つける」

 この文を読んで、目からうろこが、大量にバサバサバサッと落ちた気がした。そうか、といろいろと合点がいくことがあった。生きていれば、何度かは心が折れることはある。そういうときは、「新しい魂」を見つけたら、いいのだ!

 マイナスの状況をプラスにしようと全力で努力しているのに、自分以外のものの影響で、逆に物事が悪いほうに進んでマイナス要素が大きくなっていくということがあり、自分の力だけでは全く及ばず、何年か前に「自分は心が折れたのだな」と深く実感することがあった。普段前向きなだけに、心がポキッと折れるその音が聞こえるくらい、折れた心のぎざぎざの断面が頭の中に映像として浮かぶくらい、心の状態の変化がはっきりとわかるという体験をした。元気に歩いていたのに、急に下を向いて、しゃがみこんで、もう立ち上がれないし、立ち上がる気にならないし、立ち上がってやるかとふてくされるような感じだ。

 その時に、自分は生き方を変えた(つもりだった)。自分が良かれと思ってしていることをやめた。常に人に気持ちよく接するとか、するべきことを120%の力で取り組むとか、不本意なことも我慢するとか、全体のことを考えて行動するとか、そういうことは強いてせずに、淡々と自分の目標に向かってだけ生きようとした。別に悪いことはしていないが、心から望んでいない本筋でないことまでもがんばりすぎると、結果を求めることになり、結果が得られないと、失望してしまうのだ。

 でも、わたしは、市川海老蔵さんのように「新しい魂」を見つけなかったので、最近までなにかしら、悔しい思いのようなものをひきずってきた気がする。古い魂を捨てないから、どこかスキッとしないような…。古い自分の魂を捨ててしまう潔さが必要なのだ。そして体の奥底から立ち上がってくる新しい魂を素直に受け入れよう。

 それに、最近、「新しい魂」のようなものを感じてもいたのだ。普段の自分なら思わないようなことを強く思うようになって、あれれ、自分の性格が変化して新しくなっているぞ、と感じていたところでもあったのだ。この変化を受け入れようとも思った。以前よりも正直で自分に忠実になったようなのだ(年をとるとそうなるのだとすると、それはちょっとあれだが…)。

 なにか、極論だし、唐突だし、単純すぎるようでもあるが、「心が折れたら 新しい魂を見つける」という言葉が、ストレートに、心のストライクゾーンにスパーンと届いたのだ。


 さて、歌舞伎関係の小説は、非常におもしろいものが多いのではないかと思う。

宮尾登美子『きのね(柝の音)』
 かなり前に読んだが、詳細なストーリーを覚えている。上下巻。市川海老蔵さんの祖父の11代目市川團十郎(1909-1965)の話だ。たぐいまれな美貌と芸の美しさで、海老蔵時代には「花の海老様」として大ブームになった。戦後の歌舞伎を代表する花形役者の一人だ。

 癇癪もちの難しい性格の人だったようだが、読んでいてぞくぞくするような恐ろしくも美しい人たちの話だ。

 彼を愛する女性のひたむきさ、激情がまた、すごい。女の業を強烈に感じる。歌舞伎の世界は特殊だと言われるが、その「特殊」さの内容がよくわかる小説だ。今の市川海老蔵さんの父・12代目市川團十郎さんの子供時代の話もでてくる。子供なのに、ひどく苦労したのだな…と、12代目の団十郎さんにも思いをはせるようになる。

有吉佐和子『出雲の阿国』
 
 上中下と長い小説だ。有吉佐和子、小説を書くのがうまい!と、改めてうなってしまうくらい、ぐいぐいと出雲の阿国の21年間のことをみごとに描き切っている。この小説でも女の激しい情念がぼっと燃えていて、そこに嫉妬、野心、あがき、政治情勢の変化、自然災害などが次々と。雅な京の都と堅実な江戸の対比もわかりやすい。

 お国、三九郎、傳助、九蔵、お菊…癖のある鮮やかな人物たちが、混迷に混迷をきわめながらも、踊りには確固たる信念をつらぬき、最後にうまれたのが、「天下一阿国歌舞伎」だ。小説によると、出雲阿国の踊りの特徴は、足拍子の軽やかさ、白い足の裏や着物の裾や裾の裏などの美しさをチラッとみせるところにあるらしい…。

 豊臣秀吉、石田三成、徳川家康も違いがくっきりとわかるように描かれている。

 阿国は、
庶民をかえりみず築城ばかりする権力者へのさめた視線を持ち、権力者の庇護による出世を望まず、庶民民衆と共に酔って楽しみを提供、遊女歌舞伎の象徴の蛇皮線を拒否する。この芯の通った阿国の姿は、理解しやすく、作者の芸能論の反映なのだろう。
 最後に印象に残ったのは、一番印象の薄いお松だ。こんな人生でいいのか?とお松に聞きたい。でも、リアルな人生はお松のようなものなのかもしれない。

 ちなみに、歌舞伎の動詞形のような言葉「かぶく」とは、演者が自ら踊りに酔い、それが観客に伝染して一体となった陶酔状態になることをいう。天性の踊り手は「かぶく」かどうかでわかるということだ。フィギュアスケートでいうなら、高橋大輔、町田樹、エラッジ・バルデ、ミューシャ・ジー、デニス・ヴァシリエフス、エフゲニア・メドベージェワなどは「かぶいている」のじゃないかな。

 「かぶいた」芸能者に世間の常識をあてはめるのは違うのだなというようなことを考えた。それに、今は恋愛に淡泊だが、狂ったように恋愛に打ち込んだ昔の人は、「生きた!」という実感が強く、結果はどうあれ、充実感があったかもしれない。



[PR]
# by tarukosatoko | 2017-07-28 02:27 | | Comments(0)

「私は少年です」と聞いて、驚きすぎた

 昨日、電車でキュートなアジア人女性に英語で話しかけられた。「この電車は◯◯で止まりますか?」というような内容だったので「yes」と答えた。
 ほかにいろいろ聞かれたこともあり、隣に座ってもいたので、「通じたらいいねん」という超ブロークンの片言の英語で話していたら、女性が英語で「私は少年です」と言った。

 えっ!少年なの?!

 どうみても20歳から35才くらいの、かわいい女性に見える。女性にしか見えない。でも、人は見た目ではわからない。ということは、女装した少年なのかも…。

 「Really?!」

 わたしは目を白黒させて、ものすごく驚きながら、穴が開くくらいに、彼女をじーっと見た。また、見た。再び、見た。のどぼとけのあたりも確認した。うーん…!やっぱり、女性だろう…

 笑いながら女性は英語で言った。

 「9才です」

 あっ、そうか!「I am a boy」ではなく「I have a boy」かなんかだったのだ。最初からわかっていたふりをして、

「Oh,boy,very good!」とかなんとか、言った。

 女性はフィリピン人で、わたしはてっきり旅行者だと思って話していたのだが、日本に住んでいるということだった。息子さんは小学校に通っているという。

 電車を降りるときに、女性は「私は旅行している人に見えましたか?」と聞いた。

「Yes」

 と答えて、わたしはにっこり笑った。女性もにっこり笑った。女装した少年かと思って、おおげさに驚いて、ボケてしまったが、楽しい時間だった。

[PR]
# by tarukosatoko | 2017-07-25 12:54 | 番外編 | Comments(4)

町田樹PIW「ドン・キホーテ」 芸術世界を造り出そうとする人の、真の美しさを持った笑顔


 関東に引っ越してしまったフィギュアスケート友達のみーちゃんからメールが来た。はじめて、プリンスアイスワールドに行ってきたそうだ。わたしは、みーちゃんの感想のメールを、いまかいまかと、待っていた。

 みーちゃんによると、ショーは全体に、どのスケーターも素晴らしかったとのこと。「でもやっぱり圧巻は最後に登場した町田くんでした」との一文からはじまる町田樹さんの部分を読んで、わたしは、暑さが吹き飛ぶ爽快さに、にんまりした。引退してなお、オーラとジャンプの高さと動きのキレ等々、みーちゃんの感想に、ふかーくうなずいた。

 それから、もう一人、感想を待っていたのは、mo8さんのプリンスアイスワールドの投稿だ。正真正銘、一ミリの狂いもなく町田樹が好きな人のブログだ。一ミリの狂いもない、というのは、なかなかないことだと思う。mo8さんのブログも、にんまり、どころか、にまあああ…としながら読ませていただきました。

 ということで、わたしの中でも、町田樹の「ドン・キホーテ」解禁!



0:17 開幕
0:26 無音の中で、いきなりの3Lz、着氷もきれい!
0:31 ポーズ!
0:36 始まる スポットライトの中をくるくると滑る…
0:57 音楽と完璧に一体化したスピンが…
1:32 終わる!

1:53 暗闇の中に浮かび上がる…、全部の動きがきまっているし、ジャンプも流れの中でとんでいるので、ひとつだけを切り取れない
3:10 バレエダンサーの顔になっている 髪の毛はふさふさ…
3:26 笑顔、髪の毛がふさふさ… 心からの笑顔…
4:36 功利的ではない、点を取るためではない、芸術の真の笑顔…
4:53 ダブルアクセルからの美しいイーグル 乱れのないイーグル
5:18 演技を見ている感動をさらに増す、観客の心にぐるぐると波紋を広げるスピン
5:31 すばらしい!フィギュアスケートでは珍しい男性の声援も

5:54 照らされる赤い幕 なかなか出てこない!ので、高まる期待
6:20 やっと出てきた!チョッキ(ベスト?)が赤になっている
6:31 このポーズはかっこいい
6:45 このあたりからのくるくるも
7:04 ここから、観客席の前を通る わたしも見たかった!
7:25 スピン…、終わらないでほしい、もっと見たい
7:33 ブラボー!ブラボー!!
7:51 挨拶もバレエダンサー そして笑顔

8:26 インタビュー!6分半の3幕構成、中に9本のジャンプがはいっていて、演じるのに体力と精神力がいるプログラムだと語る。「会場のお客様が祝祭空間を作ってくださって、何一つ不安要素なく、思い残すことなく、演じ切ることができました。心から感謝しています」


 はあー、町田樹がインタビューに答えている!さらにこれからも大学院での研究を続けるそうなので、町田樹の滑りを関西で見ることはできそうにない。

 来年は……。うむ。








[PR]
# by tarukosatoko | 2017-07-19 14:49 | フィギュアスケート | Comments(0)

朝御飯はおにぎらずとお味噌汁

e0337786_08054465.jpg


 本格的な夏です。朝起きると、梅干しや昆布を混ぜこんだおにぎらずを作ります。食べる時間がない家族はこれを持って出かけます。


 夏の朝御飯といえば、おにぎらずと、ワカメなどの簡単なお味噌汁を一口、ブロッコリーや肉などのお弁当のおかずの残りを一口…。

 地味で、パンよりも食べるのに時間がかかるのですが、このセットを食べると活力がわいてくるような。

 これに、もう少しの野菜と納豆をつけたら、最強です!

 
[PR]
# by tarukosatoko | 2017-07-18 07:55 | Comments(4)

田中刑事 勝負をかけたプログラムで、高橋大輔先輩の本気の絶賛コメントを聞かせてほしい! 


 ドリームオンアイス2017の動画を見ていて、「おおおおっ」となったのは、田中刑事のショートプログラムだった。かっこいい…。安易な選択ではない。王道でもない。間違いなく点がとれるわけでもない。そのチャレンジ精神が、かっこいいではないか!

 ゲイリー・ムーアのギターにしびれる、「メモリーズ」。この、新しい田中刑事をみてほしい。



0:05 始まる 「怒りや悲しみをテーマにしたナンバーです」とのこと
0:34 ううう、ギターが…
1:58 ここからのステップが…
2:50 照明が赤地に白のバラから黒地に白のバラへ 投げつけるような印象的な終わり方

 うわっ、かっこいいプログラム…

 解説者によると、マッシモ・スカリに初めて振付をしてもらったとき(おそらく2014年)に、最初にもらった曲だったそうだ。でも、「あの当時の自分にははやかった。でも、今になってイメージがわくようになって」今シーズンの曲に採用したのだそうだ。

 昨シーズンとその前のシーズンのプログラムは、高橋大輔がエキシビションで長く滑っている「ブエノスアイレスの春」だった。そして、今度は高橋大輔のイメージが浮かんでくるこの曲だ。高橋大輔が滑ったらはまるだろうと思う。先輩の高橋大輔に似たところがたくさんある。

 でも、田中刑事は田中刑事の、自分の色合いを持つことができるようになったことが、確実にはっきりと見えるプログラムだと思った。高橋大輔が深みを帯びた濃い闇からあふれでてくる静かな激情の黒だとしたら、田中刑事は水墨画のような表面を保ちながら、奥に宿したひたむきな熱情が透けて見えるような黒だ。

 試合の明るい照明の中で滑ったら、これだけの雰囲気が出るだろうか。ジャンプも、ステップも、これから完成されてくることだろう。どうか、完成させてほしいと願う。完成した演技を見た高橋大輔はどう感じるだろうか。高橋大輔が心底から「素晴らしい」と思う演技を、心から願う。そして、ぜひとも、高橋大輔の本気の絶賛コメントを聞きたい。それを聞いて、喜ぶ田中刑事の顔を見たい!!

 そしてフリーは昨シーズンからのフェリーニのメドレー。最高だ!




[PR]
# by tarukosatoko | 2017-07-12 22:20 | フィギュアスケート | Comments(2)

本をペラペラ読むのが一番の幸せ。フィギュアスケートや映画、生活雑記もあり。


by タルコフスカヤ・さとこ
プロフィールを見る