『レディ・バード』 身に覚えがありすぎて涙も出ない…

e0337786_22300082.jpg


 『万引き家族』を見に行ったら、レディスデイだったため、満席で入れず、隣でしている『レディ・バード』を見ることにした。次の予定もあるため、『万引き家族』の次の時間の上映は見られないし、家に帰るわけにもいかないので、チケットを買ったものの、なんの映画なのかも全く知らなかったので不安だった。

 朝一番の上映で満員の『万引き家族』は人が続々とつめかけて、賑やかだった。いそいそしているその人たちがとても幸せそうに見えた。隣のシアターのわたしの『レディ・バード』はなんと観客が3人という少なさだった。他の二人は女性で、気のせいだと思うが、横道にそれた人のような雰囲気があった。人が少なすぎて、怖い。初めて行った映画館だったので、映画館内の作りがよくわからなくて、暗闇なので怖い。なんかあったらどうしよう。少人数テロとか…、大災害とか、映画館で人質をとって籠城とか…。怖い怖い。早く外に出たい、と思いつつ、予告編が始まった。

 本編になるときに、ふと周りを見ると、わたしの席のある列の右端と左端、両端に人が一人ずつ座っているではないか。それも同じように白髪らしい女性が一人ずつ。なんでわざわざ、列の両端に座るのだろう。真ん中だってたくさんあいているのに。この人たちが悪者であったら、外に出たくても止められて出られないではないか。いつの間に人が来たのだろう。もしかして…、幽霊なんじゃないか。幽霊だったらどうする?

 などと、恐れていたが、映画が始まると、引き込まれて、幽霊のことも、怖かったこともすぐに忘れた。

 主人公は西海岸の保守的な地域に住む高校3年生の女の子だ。これから大学を受けるのだが、看護師をしているらしい母親は夜勤のあるハードワークをこなし、お金のやりくりなどに苦慮して、娘のことを心配して干渉するが、無視されている。顔にしわが目立ち、表情が険しい。母親は地元の公立大学への進学をすすめるが、娘は公的援助を受けて自由闊達な東海岸の大学に行きたがっている。父親はうつ病治療中で仕事がうまくいっていないが、妻の気持ちも娘の気持ちも理解して、見守っている。主人公は労働者階級が住む場所に家があるが、それがコンプレックスになっていて、富裕層が住む地域のお屋敷に憧れている。

 とにかく、娘は母親の苦しみや一生懸命に娘を思う気持ちにまったく気がつかず、母親が傷つく言動を繰り返す。母は娘の話も聞かず、自説を押しつけるばかり。これは自分が子供であったとき、さらに自分が親の立場である今、共に、微妙にあてはまるので、本当に心が痛かった。痛すぎて涙も出ない。父親は傍観し、時に二人を個々に励ます。これも父親がそうだったし、夫がそうだ。この映画は偶然とは言え、かなり心の痛い部分に触れる映画だったのだ。『万引き家族』ではなく、『レディ・バード』が、わたしが今見たらいい映画だったのだろうと、不思議な気持ちで納得した。

 主人公は映画の中で二人のボーイフレンドが出来るのだが、一人目は裕福だが指向が違う人で、二人目は裕福だが軽佻な人だった。そのあたりも、きれいなお話にしていなくて、なんともリアルだし、主人公の人生がハードなものになることを予言しているような。主人公も母親も友達もボーイフレンドも、完璧な理想の人物は一人もおらず、誰もが性格や行動にナチュラルに欠点があるところにも好感が持てる。

 そもそもは、アメリカの決定的な貧富の差をベースにした話なのだろうか。親子の美談めいてもいるが、問題なくいい話ではあるのだが、そんな単純なものだろうかと最後のシーンを見て思った。

監督 グレタ・ガーウィグ

クリスティン(娘) シアーシャ・ローナン
メトカーフ(母) マリオン・マクファーソ

つぶやき


# by tarukosatoko | 2018-06-19 22:09 | 映画 | Comments(0)

地震で炎天下を歩くサラリーマンと、夏を待つ海岸



  関西一帯で地震があったため、夕方まで電車が止まっていた。そのため、国道では、人がたくさん歩いていた。特に、白いシャツに重たいビジネスバックとスーツの上着を持って、大汗をかいて歩いているサラリーマンが多かった。今日は暑かったので、仕事着で歩くのはたいへんだ!電車が動かない、バスは長蛇の列で、しかも、来ない、タクシーに乗れても渋滞しているとなったら、歩こうと言うことになる。神戸は東西にまっすぐ歩けば、次の駅付近につくし、その次の駅にも行けなくはない。わたしも大事な用事でもないが、3駅ぶんを自転車で移動した。関西人には疲れる一日だった。


 最近、自然と接することが少なくて、緊張感が高まっているように感じていたので、先日、久しぶりに海を見て、生き返る。水が、想像を絶するくらい、いっぱいたまっている大きな川とか、湖とか、海とか、とうとうとした感じが好きだ。






明石市の大倉海岸。子供が散歩している。海と白のタンクトップと半ズボンという黄金の組み合わせ。

e0337786_23270624.jpg




下の写真の向こうの真ん中よりも少し右寄りに見える大きなものが気になる。大きすぎるようだし、形が短い。

e0337786_23285976.jpg





家に帰って、拡大してみた。船だけれど、マンボウのように、体が半分しかないように見える…

e0337786_23282442.jpg





ここは東経135度。子午線。

e0337786_23310096.jpg






タルコフスキー映画に出てきそうな、藻がそよぐ様、これは藻ではなくて海藻???

e0337786_23320407.jpg




明石の魚の棚で、魚を見るが、見ただけで、帰宅。


e0337786_23323853.jpg

e0337786_23325713.jpg

つぶやき






# by tarukosatoko | 2018-06-19 00:06 | 番外編 | Comments(0)

関西で震度6弱の地震 震度4でも恐怖感が 「備えを!」

 朝、浅田真央さんのサンクスツアーのドキュメンタリーを見て、心底、感動し喜んでいたら、急に家ががたがたと揺れた。地震!あわててしたのは、両手で壁を支えるという謎の行動だった。一度収まったがすぐに、また揺れた。携帯電話とスマホが「地震です」と何度もなっている。テレビは速報がでない。録画視聴中にはでないことがわかった。

「何をしたらいいんだったか…」

 情けないことに、壁を支えて「どうする?どうする?」と思っているうちに、地震はおさまった。家を点検すると、小物がいくつか、下に落ちていた。わたしのところは震度4だった。怖いのは揺れるからだけではない。心に沸き起こる最大のものは、もっと揺れて家が壊れたら…という恐怖感なのだ。そして、福井の原発のことも気がかりだ。

 母親に電話すると、びっくりしたしまだ電気の笠が揺れているということだ。母親は人生初の震度5弱を経験した。他の知り合いも無事だった。

 ラインをくれた幼馴染みの由梨子さんは関東に住んでいるのだが、東日本大震災のときは、本震に続いてこんな余震が何度も何度もざらにあった。こんな思いを何ヵ月もしたら、人生観も変わることだろう。由梨子さんが「いつ死ぬかわからない」と繰り返すのは、こういうことか。

 阪神大震災を経験して、残ったものは、大きな恐怖感。家具の配置などは工夫しているが、まだまだ、備えられていないことを実感する。

 これは前震で明日には本震がくるという話もある。
 電車が運転見合せのため、予定していたことも中止になった。



# by tarukosatoko | 2018-06-18 10:43 | サバイバル | Comments(4)

快晴の海岸にて すずめの写真


 はあ…、町田樹がスケートをしなくなってしまうのか…。衰えはあっても滑り続けるという道もあるが、それをしないのだな。しかし…などと思いつつ、明石市に出かける用事があったので、帰りに海岸に行ってみた。空も海も澄んだ青で、最高にいい散歩になった。

e0337786_23094725.jpg

 ↑海岸の砂浜にいたすずめの写真を撮ってみた。考えがありそうな、深い目の色、哲学的な表情。地面に影もある。

e0337786_23101386.jpg

 ↑さすが野生動物ということなのか、保護色みたいな感じで、草と溶け込んでいて、目立たない。


e0337786_23104938.jpg
 ↑羽ばたいているところ。


e0337786_23112854.jpg

 ↑紗がかかったような…ムーディなすずめ。影の形もくっきりと。

e0337786_23115449.jpg

 ↑二羽がとまっている。

e0337786_23121857.jpg

 ↑地面に同化してしまって、見えにくいが、地面には3羽のすずめがいる。パンをくわえている。かわいい…

つぶやき




# by tarukosatoko | 2018-06-16 23:25 | 番外編 | Comments(0)

27歳の村上大介が引退をYouTubeで表明 「メディアを通さないで自分の言葉でしゃべらせてもらいました」


 10歳から17年間、スケートをがんばってきた村上大介が引退を表明した。メディアを通さずに、YouTubeで自分の言葉で発表するという新しい形だ。ニュースで読むよりも、インタビュー映像を見るよりも、ずっと、しみじみと、心にしみてくるものだった。

 村上大介のまっすぐな嘘のないまなざしは見る者をも浄化するような力を感じる。


1:17 「引退することに決めました」その表情を見ると、もらい泣きする

「実際、楽しくない経験ありましたけれども、いい経験もたっぷり残りました」
「自分の心からの気持ちを皆さんに伝えたかったです」
「12年間すごいつらいことあったんですけど、とにかくポジティブに次にむけてがんばりたいです」

5:08 4S!
5:12 フランク・キャロルコーチと

 「今日の動画は自分としてはすごい根性出して、突然の発表だと思うんですけど、自分から皆さんに伝えたかった動画をまわして、メディアとか通さないで自分から言葉でしゃべらせてもらいました」

 内容もだが、背景になっている食器棚(っていうのか)の中のグラスの種類と数が充実していて、そっちにも目が行く。食器棚の全容が見たい…とか、思ってしまった。村上大介の髪の色とか、髪型、タンクトップの鮮やかなオレンジとか、タンクトップの肩の縫い目が前にずれているようで少し後ろに引っ張った方がいいのではないか、いや、そういうデザインのタンクトップなのか…とか、雑念が次々とわいてしまった。しかし、それのどれもが明るいものなので、いい動画だった。


 村上大介といえば、ファンタスティックな4回転サルコウと、セカンドにつける3回転ループが強みだった。

 まずは4回転サルコウは優勝した2014年のNHK杯のフリーを見てみよう。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。振付けは、あの、フィリップ・ミルズ。


0:52 4S
1:13 4S2T
全体に完成した演技だった。すばらしかった。

 すごく覚えているのは、2015年のショートプログラムの「レミゼラブル」だ。メロディや歌声が、とても村上大介と合っていた。ここではみごとなトリプルルッツにつぐトリプルループがみられた。振付けは、まさに、ローリー・ニコル、という感じの正統派だ。スケートカナダではショートプログラムは1位、総合で3位だった。
 


0:23 始まる
1:56 ダイナミックな3Lz3Lo!
4:40 フランク・キャロルコーチと

 浅田真央さんのンクスツアーにさいしての発言で「オリンピックに出ることだけでなく…」という話をしていたが、村上大介の動画を見るとその思いが強くなった。前のプリンスアイスワールドのショーを見た後も同じことを思った。何かに挑戦して挫折して、それでも続けることは尊い。たとえ目標に届かなくても、がんばったことそれ自体がすばらしい。村上大介のこれからを応援していきたい。

ウィンタースポーツ

つぶやき



# by tarukosatoko | 2018-06-15 22:54 | フィギュアスケート | Comments(2)

本をペラペラ読むのが一番の幸せ。フィギュアスケートや映画、生活雑記もあり。


by タルコフスカヤ・さとこ
プロフィールを見る