ブログトップ

本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

GPS2015アメリカ大会 ジェイソン・ブラウン 変形バレエジャンプからの高速スピンと、謎の振付師

e0337786_11135516.jpg
 2011年あたりのこと、羽生結弦が今のような爆発的人気になる直前のころ、フィギュアスケート友達のみーちゃんと話していたら、みーちゃんが、「羽生結弦もいいんだけど、ジェイソン・ブラウンっていいよ~」と言って、顔をキラキラキラっとさせた。

 それで、家に帰ってジュニア男子の試合の動画を探していたら、ジュニア男子の公式練習動画の中に、一人だけ女子が混ざっていた。髪の毛を後ろで結んでいたから女子に見えたのだが、それがジェイソン・ブラウンだった。
 笑顔がチャーミングな選手で、本当に楽しそうに滑っていた。が、わたしは「動きはとってもいいんだけど、4回転が飛べないんだな」と思っただけだった。

 それからも、みーちゃんは会うたびに、「ジェイソン・ブラウンが出るのが、楽しみだな~」と一言だけ言って、また、顔をキラキラキラっとさせ続けた。毎回。けれど、なぜだかわからないが、みーちゃんは、それ以上、ジェイソン・ブラウンについてどうのこうのとは言わない。

 毎回、みーちゃんと会ったあとには、ジェイソン・ブラウンの動画を見た。毎回、「まだ4回転ができていないのか。それにしても、体が柔らかくて、明るい人だ」と思った。そのころ、男子シングルの選手は4回転に懸命に取り組んでいて、4回転ができない者は選手にあらず、というような張り詰めた空気が漂っていた(今もだが)。そんな中で、4回転なしで、明るく戦えるジェイソン・ブラウンの強い心の持ち方に興味を持った。

 そして、4回転をとばないままに、ジェイソン・ブラウンはソチ五輪に出場し、全米選手権で優勝し、世界選手権で4位まで成績を伸ばした。今回のGPSアメリカ大会でも3位になった。ショートプログラムでは4回転をとばず、フリーでは挑戦するが回転不足で転倒した。
 しかし、それが演技に暗い影を落とすということがないのが、すごい。誰もが「4回転の出来が勝敗を決める」というが、ジェイソン・ブラウンはその例外になっている。「ブラウン選手が4回転をマスターしたら、すごいことになります」という解説を何年も聞いてきた。

 バンクーバー五輪のときのエバン・ライサチェックは4回転を回避して完璧な演技で金メダルをとった。そのことで、プルシェンコなどが批判をして「4回転論争」がおこったが、ジェイソン・ブラウンの演技は、他の部分が特別なものだったので、「4回転に挑戦しなくてずるい」というような批判にはあてはまらない。

 とにかく、他の要素がいいのだ。みーちゃんのキラキラ顏につられて見ているうちに、私もジェイソン・ブラウンのよさが分かってきたが、今シーズン、ますますジェイソン・ブラウンは輝きを増してきた。真央ちゃんのようなスパイラルをするところもとてもいい。

 今回のショートプログラムは「華麗なるギャッツビー」。
0:58 バレエジャンプからのスピン。
1:29 セカンドジャンプに失敗するが、振り付けの中で「失敗しちゃった」という困った表情。これがまた、観客やジャッジに好印象を与える表情。
1:54 スピンに入る。
2:00 スピン速度が加速!
3:01 変形バレエジャンプからのスピン。

 


 次の動画は2015年3月の世界選手権。このあたりから、わたしはジェイソンってすごくいいなと思いはじめた(気が付くのが遅いのだが)。「トリスタンとイゾルデ」。ドラマチック!!
1:34 どんどん速くなるスピン。
2:12 エフゲニア・メドヴェージェワ得意のタノジャンプ。トリプルルッツで、きれいに。
4:55 美しく高速のスピン。

 

 1994年12月15日、ロサンゼルス生まれ。身長は170㎝、コーチは2002年からコリ・エイド。振り付けは、謎の振付師ロヒーン・ワード。趣味は乗馬、スキー、ピアノ。フィギュアスケーターになっていなかったら体操選手になりたかったという。母親はテレビ・プロデューサーで父親は電力会社に勤めている。姉と弟がいる。ユダヤ教徒で地域のボランティア活動もしている。
 3歳半でスケートを始め、3年間はペアに取り組んでいたこともあるそうだ。

 ジェイソン・ブラウンといえば、謎の振付師。左の男性だ。今回の大会では、雰囲気ががらりと変わっていて(このページの一番上の写真)、「どうしたんだろう!」と驚いた!キスアンドクライでの3人の空気も気になる。ジェイソンは右のコーチ(8歳からずっと同じコーチ)には親しみをもって接しているのだが、振付師とは距離がある(始めの動画の4:43から)。まあ、どっちでもいい話なんだが……
e0337786_11272448.jpg
振付師、ロヒーン・ワードについては後ほど!





Commented by butanekoex at 2015-10-29 15:09
魅せる演技、男子代表格ですね、ジェイソン・ブラウン!
私にとっては、真央ちゃんの次に贔屓の、宇野選手の最大のライバルがジェイソンです。
はい、羽生選手でも、Pチャンでも、デニスクンでもなく、ジェイソン・ブラウンなのです^^
成績云々は置いといて(最も置いておけない部分ではありますが^^;;)演技中で一瞬も目がはなせない、見逃しては行けないって思ってしまう。
ツボだらけ(笑)
舞の美しさは、女子でも敵わないのでは。
4回転、飛んだ時がどうなるのかか楽しみで仕方ありません。また、謎の振付師ロヒーン・ワードさん情報も楽しみで仕方ありません!
Commented by tarukosatoko at 2015-10-29 15:58
> butanekoexさん、うおおおお~、そうなのですか!!
見ている人は見ているのですね(*'▽')
わたしは、じっくりと見たのは、春の世界選手権からなんです。
ジェイソン・ブラウンの演技を見ながら思うのは、彼が女子だったらダントツのトップなのではということです(真央ちゃんは別にして)。

今回ますます磨きがかかってきました。動画をのせられなかったのですが、フリーの演技が終わったあとの表情を見て、ハートがぎくっとしましたよ。男性にこんなふうな表情で見つめられたら、恋してしまうだろうなと思いましたよ(^_^)/~
見ている人を休むところなく引き付ける演技。一瞬も休んでいなくて、かつ、疲れを見せずに、心底楽しそうに見える。

ロヒーン・ワードは、すごいです(*^_^*)
また、書きますね。
Commented by mo8_a29 at 2015-10-29 23:16
ジェイソンくん。私も大好きです!
私は2014年世界選手権で初めて観ました。最後から3番目くらいのラスト…だったかな?印象的だった。
ジェイソンくんの事応援してます。
4回転無しだけど 挑戦してますね。それ以上にしなやかな演技で誰の追随も出来ないくらいだけど。
ロヒーン・ワードさんのこと楽しみにしています!
Commented by tarukosatoko at 2015-10-30 11:15
> mo8_a29さん、ジェイソン君、ファンが多いんですね~。あの笑顔、本当に素敵だし、演技も本当に高度で。今回、見ていて、4回転をマスターしたら、本当に、トップに立つ選手だと思いました。思えば、ソチのときも、盛り上がっていましたね。ジェイソン君だけ空気が違いましたよね。アメリカ大会も。
ロヒーン・ワードさんは、調べてみたら、元男子シングルのスケーターで、ジェイソン君と同じくらい、スピンが素敵で、わたしは、大好きになりましたよ。ものすごいファンになりましたよ!
Commented by mo8_a29 at 2015-10-31 15:41
すみません。ジェイソン君 ソチでLIVE放送で観たんでした。この辺ごっちゃまぜなもので。ほほほ.。o○(p_-)
Commented by tarukosatoko at 2015-11-01 14:58
> mo8_a29さん、思い出します。ソチの深夜のライブ放送…。寝不足になりましたねー(^^)/
by tarukosatoko | 2015-10-29 11:45 | フィギュアスケート | Comments(6)

本をペラペラ読むのが一番の幸せ。フィギュアスケートや映画、生活雑記もあり。

by タルコフスカヤ・さとこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31