世界選手権2017 三原舞依FS「シンデレラ」(動画もあった) 神戸新聞記事「三原のシンデレラストーリーは終わらない」

e0337786_19094850.jpg

 世界選手権2017は、いつも以上に激戦で、飛躍的な技術の進歩という歴史を刻んで、驚きのうちに終わった。出場した日本人選手が帰国してきたが、神戸新聞は、もともとヒーローだったのが、さらに最強のヒーローになった羽生結弦選手のことと共に、神戸の三原舞依選手帰国の記事をのせていた。

 「五輪はスケートを始めた時からの夢。夢のままでは終われない。もっと強くなりたい」ということで、来期はショート、フリーともに新しい曲で「トップと戦えるように大人の表現を磨く」ということだ。がんばれ!

 これからの国別対抗戦にも、樋口選手、羽生選手、宇野選手とともに出場する予定のようだ。

 世界選手権が終わって、何度も三原選手の「シンデレラ」を見た。のびのびと、不明確なところがない、気持ちのいい演技だ。映画『シンデレラ』より(作曲:パトリック・ドイル)、振付:佐藤有香。



0:10 始まる 「Lavender's blue~, dilly, dilly, lavender's green~」この歌があるので、衣装をこの色にしたのだろうか??
0:32 3Lz3T
0:47 ビューティフルな3F
1:12 2Aのあと、ステップシークエンス
1:52 曲調が変わる
1:54 足替えコンビネーションスピン
2:20 また曲調が変わる
2:24 2A3T
2:40 3Lz2T2Lo このあと、コレオシークエンス
3:14 フライングシットスピン
3:34 3Lo
3:47 いろいろターンをしながら3S、一連の流れがきれい
4:00 フライング足替えコンビネーションスピン
4:24 くるんくるんと2回まわって、「きゅん」と、乙女のガッツポーズみたいなもの
4:40 素晴らしい演技、日の丸がたくさん…、ほとんどリボンのようにつながっている
5:20 コーチが背中をペチペチと
7:23 すごいシーズンベストが出る


 俄然、オリンピックが近く感じられるようになった。誰が出場するのかも、わからない。五輪をめざさない選手などいない。すべての選手が、これからのシーズンに最高のものを出してくるのだろう。その中で、神戸っ子一押しの三原舞依はどこまで伸びてくるだろうか。神戸新聞とともに、健闘を祈る!

 そして、三原舞依が憧れてきたという浅田真央さんの健闘も祈る!!今年は開催されないかもしれないと思ってきたのだが、浅田真央さんのアイスショーTHE ICEの開催が発表された。関西でも開催されるのがうれしい。真央さんの膝の具合は大丈夫になったのだろうか、どんな真央さんが見られるだろうか、今からわくわくしている!

ウィンタースポーツ




[PR]
by tarukosatoko | 2017-04-05 19:08 | フィギュアスケート | Comments(0)

本をペラペラ読むのが一番の幸せ。フィギュアスケートや映画、生活雑記もあり。


by タルコフスカヤ・さとこ
プロフィールを見る