本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

本をペラペラ読むのが一番の幸せ。フィギュアスケートや映画、生活雑記もあり。

ロンバルディア杯2017 女子フリー 後半ジャンプのザキトワ、爽快に爆走する樋口新葉、神々しいコストナー&コストナーの肩組みを拒否するミーシンがツボ

 ロンバルディア杯の女子はロシアのアリーナ・ザキトワが優勝した。フリーはバレエ音楽『ドン・キホーテ』(作曲:レオン・ミンスク)より、振付はエテリ・トゥトベリーゼ&ダニール・グレイヘンガウスではないかと。147.17点。タノジャンプを跳ぶたびに、鮮やかな赤の衣装とあいまって、目がくらみそうな美しさだが、滑りはまだ少しジュニアの雰囲気がある。

 2:16のジャンプに入る前にするこのポーズは好きだ。続いて3回転ルッツー3回転ループ、2:47には両手タノ3回転フリップに片手タノ2回転トーループ、両手タノ2回転ループの連続ジャンプ。2:53からのスピンもおもしろく、ビールマンでエッジの持ち方が独自。

 このあとの音楽で、演技終わりまで町田樹の「ドン・キホーテ」が目に浮かんでしまう…。ジャンプを後半にとぶことで、点数が高くなるし、プログラムのつくり、点数をとれるようにできている。それをこなせるということなのだが。

 やっぱり優勝したか。
 来シーズンはわからないけれど、今シーズンはエフゲニア・メドヴェデワのほうが上な気がするし、調子がいいときのアンナ・ポゴリラヤのほうが見ごたえがあるし、エリザヴェータ・トゥクタミシェワのほうが味があると思うが、冬にはどんなことになるのだろうか。



 日本の樋口新葉はくやしいことに2位だったが、とてもよかった。143.37。「スカイフォール」(作曲:アデル)、振付はシェイ=リーン・ボーン。

 わたしは浅田真央ファンなので、プログラムが「007」だと知った時は、「………」だったが、演技を見ると、この暴走するボンドガールはいけている!

 キム・ヨナのボンドガールは名演だった。魅惑的だった。このプログラムでもキム・ヨナへのリスペクトを感じる振付が随所にみられるが、樋口選手にはキム・ヨナをこえてもらいたい。樋口新葉のボンドガールはもっと自分勝手に自由で、もっと破天荒で、弾丸のように爆走する。違う魅力がある。ちょっと、キム・ヨナに喧嘩を売っているような優秀さがあって、痛快だ。(追記 樋口選手はボンドガールでなくボンドを演じているという説も)

 1:23ここから、キム・ヨナのあの音楽。ああ、気の強い妖艶な笑顔でノーミスで滑り切ったバンクーバーオリンピックのキム・ヨナを思い出す!そして、樋口選手は、もっと豪快で、得手勝手で、怒ったら怖そうな…。2:48ジャンプのあとの動きがかっこいい。3:22からのステップ、めっちゃ、かっこいい。3:57からますます、かっこいい。

 新葉、かっこいい!

 シェイ=リーン・ボーンの振付は、とてもあっているのではないか。アデルの声も樋口選手の雰囲気にあっている。

 こんな、することが多い中でジャンプをとぶのは大変なので、ジャンプが小さくなりそうで心配するが、負けないでほしい。

 




 そして、3位はカロリーナ・コストネル(←イタリア語ではコストナーの最後の部分の発音が巻き舌になるようだ)。『牧神の午後』(ドビュッシーの管弦楽「牧神の午後への前奏曲」に基づいて作られたバレエ音楽)、振付はローリー・ニコル。126.69.

 ラベンダーのようなグレーのようなブルーのようなニュアンスのある色で、切り絵のような繊細な作りの衣装が…神話の世界の人のように、神々しい美しさだ。ハープの音で始まる。

 3:06ではダブルアクセルーハーフループーダブルサルコウ。5:30でローリー・ニコル登場。6:00では、昨日に続いて、コストナーがミーシンの肩に手をかけようとするが、ミーシンがやんわりと拒否するところがツボ!

 今回の試合は構成を下げているということで、ジャンプ構成はものすごく弱いのだが、他は誰よりも深く、見るものを別世界へのいざなった。シーズンがすすむにつれて、さらに、ソチの「アヴェ・マリア」や「ボレロ」のような水を打ったような静かで贅沢な時間を生みだしていくことになることを祈る。


 ロンバルディア杯は2013年から始まった大会で、昨年までも少し気にして、見ていたと思うのだが…、こんなすごい試合だったかな?今年は、見ごたえが大きい。
(追記 知らなかったが、ロンバルディア杯は採点が甘めな大会だという説も)


[PR]
by tarukosatoko | 2017-09-16 21:57 | フィギュアスケート | Comments(0)

by タルコフスカヤ・さとこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30