ブログトップ

本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

樋渡知樹(トモキ・ヒワタシ) スケーター諸先輩方に愛を込めて「ラスト・オブ・モヒカン」!

e0337786_21234958.png


 毎日、世界ジュニア選手権の動画を少しだけ見ている。アメリカ代表の樋渡知樹選手の演技が、盛りだくさんで、飽きることがなかった!前半にジャンプの失敗があったが、これだけ、いろいろなことをできたら、楽しいんじゃないかと傍目には思うが、どうだろうか。

 世界ジュニア選手権2018のフリーは「ラスト・オブ・モヒカン」。音の具合が悪いが、この選手はおもしろい。見ていて、とても興味がわく。




高橋大輔のような髪の毛をかき上げるしぐさ、
おもしろいイーグルからスピンにはいる、
右回りスピン、
ステップを踏む感じは町田樹
誰かがしていたとびあがるしぐさ、
Y字スパイラル、
羽生結弦のパリの散歩道の「ヘ」の字、
エフゲニア・メドヴェジェワのようなY字で流れる動き、
右回りのジャンプ、
ハン・ヤンのような足の曲げ方
織田信成にも似ている動き、
町田樹のエデンの東のはじめのポーズのような動き、
ボーヤン・ジンのような中国的な動き、
頭に手をあてた「考える人」のようなシットスピン、
高橋大輔の道化師を思い出す頭を抱える動き、
荒川静香のようなみごとなイナバウワー、
宇野昌磨のようなクリムキン・イーグル、
ジェイソン・ブラウンのようなバレエジャンプ、
キム・ヨナのようなI字スピン、
町田樹のような終わり方

 ささいな動きなのだが、いちいち感銘を受けるのは、わたし自身がフィギュアスケートの小さな動きに思い入れが大きいせいなのだと思うが、樋渡選手はきっとフィギュアスケートが大好きで、フィギュアスケートを見ることもものすごく大好きなのではないかと推測する。少し前には片手ビールマンスピンもしていたのだそうだ。素敵な選手だ。世界ジュニアでは7位になっている。2016年の世界ジュニアではネイサン・チェンの欠場で補欠出場して銅メダルを獲得した。

 日本人の両親のもとにアメリカでうまれた18歳で、ジェイソン・ブラウンと同じコリ・エイドコーチに師事している。昨シーズンのフリーは、「道」だ。これも見てみたい。

 いったい、振付けは誰なのだろうかと調べたら、マリナ・ズエワだった。これでいいのだろう。


つぶやき

ウィンタースポーツ




Commented by mo8_a29 at 2018-03-15 21:54
ほんと おもしろいですね~
いろんな あこがれの要素なんでしょうか。どっかで見たことあるぞ。という感じで。しかも上手に出来ている。コリコーチだとのこと。ジェイソン選手とかと一緒に練習しているのでしょうか。キスクラでもよく見る高校生みたいなノリで親しみわきました。東洋系の選手 出てきますね。日本名そのもの。未来ちゃんみたいな。これから楽しみな選手。
Commented by tarukosatoko at 2018-03-16 08:37
> mo8_a29さん、コメントにいただいたように「しかも上手に出来ている」ところが、なんとも、おもしろいところで!(^^)!
長洲未来ちゃんみたいに、両親が日本人でアメリカの選手です。しかも、日本語も話せます。応援したくなりますね。来期はシニアでしょうか、もう一年ジュニアでしょうか。
職人的な滑りで、何が出てくるか、楽しみですね。
by tarukosatoko | 2018-03-15 21:31 | フィギュアスケート | Comments(2)

本をペラペラ読むのが一番の幸せ。フィギュアスケートや映画、生活雑記もあり。

by タルコフスカヤ・さとこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31