ブログトップ

本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

幕内秀夫さんの甘辛本『ポテチを異常に食べる人たち』『夜中にチョコレートを食べる女性たち』

e0337786_22095863.jpg

 食生活関連の本もかなりあり、捨てていない。

 「粗食のすすめ」の幕内秀夫さんの本二冊。題名が双子のような、甘辛本。幕内さんの「小児食生活アドバイザー」の資格をとるときの、たくさんあったテキストの中の二冊。この題名だけなら処分してしまいそうだが、題名とはうらはらに、大事なことが書かれた真面目な本だ。

 精製された砂糖、油脂、化学調味料は、人の正常な食行動を乱す。ポテトチップスとチョコレート菓子を交互に食べる甘辛の食べ方がとても良くないというのを読んで、逆に甘辛食べをしたくなってしまう、という本だった。幕内秀夫さんには申し訳ないが…。
 でも、自分の食行動の異常と、それが体にどんな影響があるかを自覚すると、体がいい方向に向かう結果を生む。食が様々な要因で狂わされてきた道をたどると、何が自然な状態だったのかもわかる。

 幕内秀夫さんのいいところは、特殊なこととか、むやみにお金がかかる健康法を提案しないところだ。人が普通にできる健康的な食事の取り方を模索しておられる。平凡な食事こそが王道だと、今は思う。

 処分した本は、マクロビオティックとか玄米菜食とか陰陽調和料理とかベジタリアンなどの、とても魅惑的で、おしゃれで、ちょっと選民感のある特殊な料理の本だ。
 ただ、マクロビオティックの創始者の桜沢如一さんの本はおもしろい。なんにつけ、最初に始めた人というのは、飛び抜けて独創的だ。

by tarukosatoko | 2018-03-20 22:09 | | Comments(0)

本をペラペラ読むのが一番の幸せ。フィギュアスケートや映画、生活雑記もあり。

by タルコフスカヤ・さとこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31