『スマホを落としただけなのに』 結末が気になり怖い話を一気に読む

e0337786_16332619.jpg

 映画はまだ見ていないが、本で読んだ。「~だけなのに」という題名がなんとも弱気というか、危機感の欠如というか、話の雰囲気をよくあらわしている題名だなと思った。

 スマホを悪意のある人に拾われたらどうなるか、という話。非常に怖くて、あまりにも身近で、背筋が寒くなった。終わりのほうは、「は?」となったが、これを、北川景子と田中圭が演じたら、まちがいなく怖いだろう。

 本には、2重にカバーがついていた。上は映画版で、下にはもともとのデザインのカバーが。

e0337786_16334771.jpg

 (そして…、下に内容を書いてしまうので、これから本を読む方は、下の文は読まないでください)

 犯人は、拾ったスマホにかかってきた電話の名前から、フェイスブックを検索し、その友人関係から洗い出した情報を使って拾ったスマホのロックナンバーを見つけ出し、スマホに、一時期、タレントの不倫報道で話題になった監視アプリのようなものをかけて(恐ろしい)、フェイスブックの友達を調べてターゲットの周辺人物になりすまし(パスワードを手にいれなくても、新規で作ってしまう。ものすごく簡単なことに驚いた)、そのなりすましアカウントで本人がほしがっているコンサートチケットを融通するなどしてクレジットカード情報を本人から聞き出して、後に大金を騙しとる。
 スマホトラブルについて助けを求められたら、自分は用事があって行けないが友達が助けることができるといって、なりすましアカウントの友人として、直接本人と会ってリアルな友達になり、殺害して山に埋める。
 それを、繰りかえす。殺害した女性のスマホはそのまま使用して、知人とのやり取りは続けるため、亡くなったことはばれない。声も録音してある生前のものを編集して留守電に入れる。失踪しても気づかれないような、家族や友人とのつながりがほぼないような女性ばかりが狙われた。
 狙われるのは、黒髪の美しい人ばかり。犯人をネグレクトし、虐待して育てた母親が黒髪の美しい女性だった。母親への愛憎が犯罪の原点だった。その愛憎が、ネットの裏にあるブラックな領域とつながることで、このようなことになった。



 とりあえず、気を付けようと思ったことは、

1.ロックのパスワードは数字の4桁ではなく、他人が推測しにくい文字と数字にする。4桁の数字は時間をかけたら確実に解除できてしまう。

2.大事な写真、拡散されたくない写真は別の場所に移動してスマホには保存しない。

3.スマホでのやり取りは、常に第三者に見られる可能性があることを意識して行う。

4.自分はセキュリティが甘い人間ではないかと常に自己点検する。同時にやり取りする相手のセキュリティ具合も気にしておく。

5.スマホを落とさない! 睡眠不足続きとか、泥酔するなどの、うかうかした状態で外を歩かない。

 
つぶやき




[PR]
Commented by dazaiosamuh at 2018-12-08 12:56
スマホを落としただけで色々なことに悪用されて…。恐ろしいですね。私はガラホですが、ロックを解除するのが面倒くさくてロックを掛けていません。落として拾われたら、メールや画像、アドレス帳も全て見られてしまいます。記事を読んで、私もこれからはロックを掛けて少しでも気をつけようと思います。自分は絶対に落とさないから大丈夫!!とか普段から変な自信を持っていますが、私のような人間が一番危ないかもしれません…。怖いですね。
Commented by tarukosatoko at 2018-12-10 08:57
> dazaiosamuhさん、わたしも「落とさないし、落としてもそんなことはないだろう」と思うんですが、備えは大事かなと思います。この本の犯人だったら、ブログを見つけてパスワードは「dazai0619」ではないか!とかたくさん推測してくるので、パスワードは意外なものにしたほうがいいかもしれません。ただ意外なものだと、自分も忘れてしまうという…
by tarukosatoko | 2018-12-07 09:57 | サバイバル | Comments(2)

本をペラペラ読むのが一番の幸せ。フィギュアスケートや映画、生活雑記もあり。


by タルコフスカヤ・さとこ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る